FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーサンとハイヒール 第一話

「さようなら・・・・ごめんね・・・ワタシ・・」

そう呟きながら恵子は、手に持ったガラス瓶の中身を海に流した。 

白いトレンチコート姿の彼女は、艶やかに程よく毛先をカールさせ、風が吹くたび甘いヘアコロンを何処かへたなびかせている。

葉月の季節は、どこか悲しげに映る。

街路樹の枯葉がカサカサと音をたて、排気ガスとともに舞い、そして角へと追いやられる。

夏が来ると表現するならば、秋は何処かへ行ってしまう、そんな憂いが胸を締め付ける。

夜長に想い耽るなら、万葉集の一説でも憶えればいいだろう。

万の言の葉、多くの言の葉=歌を集めたものとされる万葉集だが、万葉とは多くの葉との意味もある。

つまり誰かに唄った歌集だが、それも何処かへ追いやられ、いつしか忘れ去られるのだろうか。

夕暮れの陽が傾く頃は白いトレンチコートも橙色に色付き、光沢を帯びたギャバジンが後ろの壁と同化している。

暫らくのあいだ、彼女は行き交う漁船を眺めていた。

まだ明るさを残す空を見あげ、そしてユックリと歩きだした。

すらりと伸びた長い足にフィットしたハイヒールが、硬く粗いコンクリートの地面をコツコツと音を響かせる。

大きい倉庫が並んでる先に、真紅のアルファロメオ・ジュリエッタが停まっている。

ドアを開き、コートの裾を直しながら、シートに深く座り身を預けた。

助手席に置いてあるマリークレールを手に取り、パラパラとめくり後ろのシートに放り投げ、イグニションを回しアクセル踏みながらクラッチを確実に繋いだ。

2速3速とジュリエッタは加速していった。

後方から目視すると姿が小さくなっていき、上り勾配から下りになり消えた。

少し離れた場所にマーク?ステーションワゴンは停まっていた。

持ち主はサングラス越しに恵子の行動を一部始終見ていた。

サングラス姿のマーク?の持ち主は、暇を持て余しているようだった。

誰かと待ち合わせているのかツマラナイ景色をただ見ているだけで、恵子が立ち去ると再び彼には長い時間がやってきた。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

■ Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。