FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い夏の日 第九十一話

「昔ね?暴動があったんだって・・・コザで・・暴動って知ってるアナタたちは?」

マヒルは冷めた目で昔のコザでの出来事を話し始めた。

「知ってますよ。去年たしか・・・大阪のあいりん地区で西成暴動だとかってニュースやつてましたね」

知美が応えた。

「それって喧嘩みたいなものですか?」

夏生が質問した。

「不満が爆発するって意味よ大勢のね」

「ふ?ん・・・そうなんだ・・・でも何故ですか? 皆不満なんですか?」

「権力を持つ者が、その権力を行使・・・つまり力でねじ伏せるような事をしてるとね、権力のない者だって不条理な世の中に不満が溜まるでしょ・・・それよ」

マヒルは暴動について説明した。

「でも何故? コザで暴動が起きたんですか?」 

「それはね・・・沖縄だったからよ」

「それは、どーゆー事ですか?」

[コザ暴動]
1970年12月20日未明、アメリカ統治下のコザ市で、交通事故を契機に発生した車両および米軍施設に対する焼き討ち事件が勃発した。

米軍人や軍属などが、住民に対して起こした犯罪や事故に対して、下される処罰が軽微であったこと、特にベトナム戦争下で出撃基地となったことで米兵によるそれらの犯罪や事故が多発したこと、前年に判明した米軍の毒ガス漏れとその撤去に対する米軍の対応の遅れ、復帰運動の高揚、それらに伴う抗議行動に対する在琉米軍の施策である兵士のコザ市内への立ち入り禁止令によって不利益をこうむる者とそうでない者との対立など、群衆の間に長年にわたる不満があったことがその背景とされている。

コザ市は戦前、7,000人ほどの農村にすぎなかったが、沖縄戦で上陸したアメリカ軍が同村字胡屋に野戦病院・物資集積所等を建設した。

その後難民収容所を開設し「キャンプ・コザ」と称し、戦後、米軍人相手の飲食街を中心として市街地が形成され、1956年に市制を施行してコザ市となった。

当時、ベトナム戦争のさなかで、戦場を行き来していた米軍人たちの消費活動は著しく、市の経済の約80%は基地に依存していたが、暴動の発生した1970年前後には年間約1,000件の外国人犯罪、年間約3,000件の交通事故があり、犯罪の中には殺人・強盗・強姦などの凶悪犯罪、交通事故の中には死亡事故も含まれていた。

しかし、米軍人・軍属による事件は被害者が住民であってもMPによって処理され、非公開の軍法会議において陪審制による評決が行なわれており、無罪や軽罰になる場合が多かったため、人々の間には不満が鬱積していた。

1963年2月28日の交通事故例があるが、那覇市の中学生が横断歩道を横断中に赤信号を無視した米軍人の車にはねられる死亡事故があったが、加害者は軍事裁判において「夕日が信号機に当たって見えなかった」などと主張し、最終的に無罪判決が言い渡された。

これに対しては、抗議運動が展開され、1969年9月18日に糸満町の糸満ロータリー付近でアメリカ軍軍曹が泥酔運転をして、歩道を歩いていた女性を死亡させる事故を起こした。

それに対し地元の青年たちはMPへの事故車引き渡しを拒否、地元政治組織とともに事故対策協議会を発足させ、警察を通じてアメリカ軍に対し司令官の謝罪・軍事裁判の公開・遺族への完全賠償を要求していたが、事件直前の1970年12月7日に軍事裁判は軍曹を「証拠不十分」により無罪とした。

これらの事件が、住民の間に米軍人による事故の処理に不満を抱かせているし、米軍はベトナム戦争用の兵器として、コザ市に隣接する美里村知花弾薬庫などに致死性の毒ガス(主要成分はサリンおよびVXガス)を備蓄していたが、1969年7月8日ガス漏れ事故が発生し、米兵ら24人が中毒症で病院に収容されたことが同月内に米ウォールストリート・ジャーナルの記事で明らかになり、島ぐるみの撤去要求運動が起こっていた。

1970年12月20日午前1時過ぎ、コザの中心街にある胡屋十字路から南に200メートルほどの地点で、酒で酔っ払い、公道に飛び出してきた米軍雇用員の沖縄人男性が、米陸軍病院所属のアメリカ軍教務兵の運転する乗用車にはねられる事故が発生した。

現場にやってきたMPは、被害者が酔っ払って路上で寝ており怪我はかすり傷であることを確認し事故自体は軽微なものであったが、前述のような感情が高まっていた群衆がMPによる事故処理に不信感を持ち事故現場を取り囲み、MPの事故処理に対する不満・不信を口々に叫ぶなど周囲は騒然となった。

MPは現場での取り調べをあきらめ、近くにあったコザ警察署に加害者を連れて行こうとした。

これが群衆には加害者を隠匿するかのような行動に映り、MPと加害者を移動させまいと取り囲み罵声を浴びせながらもみ合いになった。

加えて近くでもう一件の交通事故が発生し、周囲の混乱がさらに大きくなったところで身の危険を感じたMPは威嚇発砲を行い、これを沈静化させようと試みた。

だが、この行為はかえって群集の怒りを爆発させ、これを契機に群衆がMPと加害者に襲いかかった。

暴徒化した群衆はさらに、当時ナンバープレートの色によって区別されていた米軍人・軍属の車両を次々と停車させ、運転手を引きずり出しては暴行を加えるとともに車両に放火した。

事件の発生に対応して、琉球警察やMPが暴動の沈静化を図ったが、午前2時半になると群衆は5,000人を超え、交番などにも投石を行ない、胡屋十字路から数百メートルのところにある嘉手納基地第2ゲートから基地内へ侵入した。

基地内ではゲートに設けられているガードボックスや米人学校が放火され、アメリカ軍では催涙ガスを使用してそれ以上の基地内への侵入を抑えた。

夜明け前に群集が家路についたため暴動は自然消滅したが、アメリカ軍人の車両70台以上が炎上し、警官5人・住民十数人・アメリカ兵十数人が負傷したが、民家・商店からの略奪行為は発生しておらず、アメリカ軍人・軍属のみを標的にした暴動であった。

警察は騒乱罪を適用し、バーのボーイ・マネージャー5人、工員2人、無職3人の住民10人を逮捕したが、いずれも証拠不十分で起訴されなかった。

事件上特徴的なのは、政治党派の組織的な指導指揮がなく自然発生的であったこと、また、それまで米軍から利益を得ており、反米・反基地・日本復帰運動に敵対的だった米兵向けバー・クラブの従業員が、逮捕者も含め積極的に暴動に参加したことであった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

■ Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。